So-net無料ブログ作成

ウルトラマンフェスティバルで混雑を避けて楽しむ方法やおすすめポイント [その他イベント]

ウルトラマンフェスティバルは毎年混雑します。

特に土日は人が多いので、人に酔ってしまう方もいるかもしれません。

そんな方におすすめな混雑を避ける方法とウルトラマンフェスティバルのおすすめポイントをご紹介します。
入口.jpg


スポンサーリンク




おすすめポイント

■ウルトラライブステージ

ライブステージ.jpg
約30分ほどのステージで色んなウルトラマンが出演します。3Dマッピングも導入されていて、かなり本格的なので、ウルトラライブステージを見ないという選択肢はありません!

フリフリ.jpg
観覧者が参加できるアイテムがあって、ただ見ているだけじゃなく、参加型ステージなのでとても楽しいステージですよ!

1日5回開催してます。正確な時間はサイトの方で確認してくださいね。

ここで絶対おすすめなのが前列で見ることのできるウルトラシート!たった500円で前の方に座る事ができます。

座席には一応段差はついているのですが、後ろの方の席はステージを見るのに苦労します。

子供用に席が高くなるシートはあるんですが、やっぱり前の人の身長が高いとどうしても見づらい形になっちゃいます。

前の方の席ならば、そのリスクを最小限にできます。

他にも、去年は普通のシートで見たのですが、間近で観られるウルトラシートは迫力が全然違いました。

来年行くときも絶対ウルトラシートにします。

中身についてはネタバレになっちゃうので、ここでは書きません。

是非、実際に見てくださいね。


■なりきりムービー

なりきりムービー.jpg
こちらは、ウルトラマンに変身して怪獣と戦うDVDを作成してくれるコーナー。

3500円と4100円の2種類があって、DVDを普通のプラスチックケースに入れるか、子供の顔が入った表紙のケースに入れるかの違いがあります。

DVD.JPG
私は、子供の顔が入ったケースの4100円にしました。

出来上がりはDVD受け取り時に確認できます。意外とちゃんと出来ててビックリすると思いますよ!

ちょっと高いですが、うちの子は自分がウルトラマンに変身できたのがとっても嬉しかったようで、喜んで何回も観ていてすでに元が取れそうです(笑)


■ウルトラショット

ウルトラショット.jpg
色んなウルトラマンと一緒に写真が撮れます。

撮った後にプリントアウトした写真を見せてくれて、それを購入するにはお金がかかりますが、自分のスマホやデジカメで撮るだけなら無料です。

ちなみにキーホルダーにも出来ます。

プリントアウトは1300円、キーホルダーは2100円でした。

普通のウルトラマンショーで撮影できたとしてもこんな立派な写真は撮れないので、ウルフェスに来た記念になりますよ。

私は子供にせがまれて、2枚のプリントアウトを購入・・・正直、ちょっと痛かったですが子供はやっぱり大喜びでした。


■ウルトラマンデパート

こちらはウルトラマングッズが販売されているコーナーです。

ウルトラマングッズがいっぱいあるので、色々見てみるだけでも面白いですよ。

ただしおもちゃの購入はあまりお勧めしません。

どれも定価で売られていますので、普通のおもちゃ屋で買った方が安いです。

もし買うなら、なかなか売られていない雑貨類や、ちょっと高いフィギア等がおすすめです。



スポンサーリンク




混雑を避ける方法

ウルトラマンフェスティバルで一番辛いのは混雑ですよね・・・

今回私はできる限り混雑を避けてウルトラマンフェスティバルを楽しむ方法を実践してみました。

とはいえ、混雑を避けるのは結構簡単で「ウルトラライブステージ」中に、他のコーナーを満喫することです。

「ウルトラライブステージ」は500~600人ぐらい入ります。

当然ライブ開催中は他のコーナーに参加している人が少なくなるので、その間に色んなコーナーに参加する形です。

以下の流れが、最も混雑を避けられる方法だと思います。

【混雑を避ける方法】
①チケットを購入する。
②「ウルトラライブステージ」の予約をする。(直近のステージではなく、次のステージを予約)
③直近の「ウルトラライブステージ」開始10分前に入場する。
④ウルトラショット、なりきりムービー、ウルトラマンデパートにいく。
⑤直近の「ウルトラライブステージ」終了付近で、アイスを購入し休憩スペースで一休み。
⑥一休みが終了したら、入り口付近の展示物を見に行く。
⑦「ウルトラライブステージ」付近の展示物を見に行く。
⑧「ウルトラライブステージ」を見る。
⑨帰る。

この方法なら土日でも比較的混雑を避けて、ウルトラマンフェスティバルを満喫できると思いますよ。

実際、すごく大きな会場ではないので、2時間もあれば十分ではないかと思います。

ライブステージ回り.jpg

最後に・・・

ウルフェスは2年連続で参加しましたが、「ウルトラライブステージ」以外のコーナーはそんなに大きく変わらないようなので、今回ご紹介した方法なら毎年混雑を避けてウルトラマンフェスティバルを満喫できると思います。

我が家もウルトラマン大好きな子供がいるので、ウルトラマンに興味が無くなるまでは毎年連れていくことになると思いますが、この方法で乗り切る予定です。

是非、参考にしてウルフェスを楽しんでくださいね!



スポンサーリンク





関連記事:
アクアパーク品川のイルカショー
セブンチケットってお得
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。